一般社団法人広島市ろうあ協会のホームページへようこそ。

広島市に住む一般の方、聴覚障害者の方に聴覚障害や手話、行事活動に関しての情報を発信しています。 

一人一人の力を合わせて聴覚障害者が暮らしやすい広島市を作って行きましょう!


協会の新着情報(NEW)

 広島市登録手話通訳者スキルアップ研修会について

夏のなごりを感じながらも秋の訪れによる自然の変化を楽しめる今日この頃。皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、第5回広島市登録手話通訳者スキルアップ研修会のご案内です。

10月3日(月)13:00〜15:00(2h)

広島市東区地域福祉センター(3階大会議室1.2)

2022年度 第5回広島市登録手話通訳者スキルアップ研修会を開催致します。

研修内容:テーマから何を想像しますか?(テーマ、学校)

広島市登録手話通訳者の皆様のご参加をお待ちしております。


 

【事務所よりお知らせ】 

 大型で非常に強い台風14号が広島に接近中です。この台風は特別警報級の台風で、過去の台風とは比べ物になりません。明日の明け方に暴風域に入り、昼過ぎから夕方にかけての最接近が見込まれます。また雨が長時間降り続き、記録的な大雨になる可能性もあります。本日夜から広島県において「線状降水帯による大雨の可能性」が発表されました。これは4年前の西日本豪雨に匹敵するぐらいの雨量となる見込みです。

 今一度ハザードマップを確認するなど安全な場所に市が開設する避難所に必ず避難して頂くようお願いします。

 繰り返しになりますが、暴風、大雨に最大限の警戒が必要です。災害から命を守る行動をとっていただくよう、重ねてお願いします。

 

(一社)広島市ろうあ協会

 

 会長 宮田 明雄

 

 

以下に広島市内の避難所一覧を参考にしてください

   ↓       ↓

http://www.bousai.pref.hiroshima.jp.cache.yimg.jp/?p=evacuation%2Fshelter&municipalityCd=341002

 


 広島市登録手話通訳者スキルアップ研修会について

残暑も和らぎ、しのぎ良い日が多くなりました。皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、第4回広島市登録手話通訳者スキルアップ研修会のご案内です。

9月11日(日)10:00〜15:00(1時間休憩)

広島市東区地域福祉センター(3階大会議室1.2)

2022年度 第4回広島市登録手話通訳者スキルアップ研修会を開催致します。

青年部の方にインタビューしていきますので読み取りをしていただきます。

広島市登録手話通訳者の皆様のご参加をお待ちしております。


【事務所よりお知らせ】

◆電子版「広島ろうあニュース」について

 

会員専用の閲覧パスワードを変更いたしました。

ろうあニュース7月号に会員専用の閲覧パスワードを記載しておりますので、ご確認の上でログインしてみてください。

不明な点があれば、事務所までご連絡ください。

 

会員専用のろうあニュース電子版↓

https://www.hiroshimadeaf.org/会員専用/

 

ろうあニュース8月号について(お詫び)

広島ろうあニュース8月号のP.4に下記の通り、誤りがありました。

----------

(誤)~女性部からのお知らせ~ 

(正)~安芸区支部からのお知らせ~

----------

訂正してお詫び申し上げます。

また、電子版「広島ろうあニュース2022年8月号」には[訂正版]に差し替えました。

 

広島市登録手話通訳者スキルアップ研修会について

今年の夏もようやく盛りを過ぎようとしています。

朝夕はいくぶんしのぎやすくなりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、第3回広島市登録手話通訳者スキルアップ研修会のご案内です。

8月25日(木)13:00〜16:00

広島市南区地域福祉センター(大会議室1.2)

2022年度 第3回広島市登録手話通訳者スキルアップ研修会を開催致します。

高齢部の方々と一緒に、茶話会(懇談会)の場の、読み取り通訳をしていきます。

広島市登録手話通訳者の皆様のご参加をお待ちしております。


友だち追加

■LINE公式アカウントをはじめました!誰でも大歓迎!

当協会LINE公式を友だち追加していただくと最新情報、手話動画、手話研究、ろうあニュースなどを楽しくお届けいたします。


手話・動画チャンネル


第75回広島市ろうあ者福祉大会(2022年)

「日本聴力障害新聞とは」手話・字幕解説 



新型コロナウィルス感染予防の手話・字幕解説動画(広島県聴覚障害者センターだより)をご覧ください。




■「ろう者の被爆体験を手話で語り継ぐ」

 高齢のため、語り部活動が困難となった被爆ろう者に代わって、被爆や戦争の体験を若い世代に手話で伝えていこうと、2016年6月に班を立ち上げました。

 悲惨な体験を語るろう者の思いを埋もれさせることなく、そこからあふれる手話の魅力も含めて、それらの全てを伝承していきたいと活動しています。伝承に興味がある方、やってみたい方は大歓迎です! 希望者は「お問い合わせ」フォームでお問い合わせください。